手作り家具工房トップで〜す
工房サイトマップ
オーダー家具屋の自己紹介で〜す
刺身でもないのに活き造りで〜す?
手作り家具って手作りなの?で〜す
納品に行って来ましたの報告で〜す
手作り家具納品報告2
手作り家具納品報告3
新作の紹介で〜す
過去作品集で〜す
不器用な木工屋の四方山話で〜す
家具の注文方法で〜す
こんな雑然とした家具工房で〜す
手作り無垢家具の制作方法で〜す
現在製作中の家具で〜す
活き造り?家具の手入れ方法で〜す
工房への地図で〜す
イベント情報で〜す
家具作家さんたちで〜す
次へいきま〜す
人々に感謝!
工房移転?改造計画
アンティーク・骨董考
カントリー家具考
手作り家具の木の種類
無垢板とは?
木工作家になるには?
家具木工自然リンク集
インテリア・DIYリンク集
助け合い相互リンク集
手作り検索リンク集
総合検索・リンク集
通販ショップ・リンク集
広島で焼肉喰うなら
広島・花の寄せ植え
広島・大人の隠れ家

アンティークになる創作家具製作
手作り家具工房 クラフトハウス樹良久へようこそ!

アンティークとして子孫代々残したい、手作り総無垢家具を堅木広葉樹で注文製作
する手作り家具屋の工房、クラフトハウス樹良久(じゅらく)へようこそ!

子孫代々残るアンティークになる品めざし、日本伝統工芸の木組みで、傷や古さが味に
なるオイルフィニッシュや自然塗料柿渋で、刺身でもないのに活き造り?の総無垢家具
を製作してます。

アンティークとして残る家具目指してますが、私は決して創作家具作家、木工家、頑固
な木工職人でありませんので、サイズ、デザイン、木味、色、金具、すべてあなたの好み
あなたの感性のままに仕上げます。

家具作家、木工作家、木工職人と一味違う、クラフトハウス樹良久のアンティークになる
伝統工芸木組み、ジャパニーズカントリー家具、目指せアンティーク!骨董の世界を
ご堪能くだされば、幸いです。

木が活きてる“活き造り”の意味、総無垢創作家具の木味とアンティークとして残したい
手作り木工屋の心意気を感じていただけば、総無垢創作家具とポンコツじゃなかった、
手作り家具工房クラフトハウス樹良久のアンティークなオッチャンと、アンティークになる
創作家具と、木の好きなボランティアスタッフたちは、大変嬉しく思います。
手作り家具屋のオッチャン こんにちわ!はじめまして!お変わりないですか? 手作り家具屋のアンティーク犬、ハナコ
子孫代々家具
作るオヤジ
アンティークとして残したい
手作り創作家具屋へようこそ!
ハナコ、我が愛する
アンティーク老看板犬


今流行りの、ブログってやつ、始めました。
始めたばかりですが、見てやってください。

タイトルは居直って 手作り家具屋の貧乏な日々!


入口が仰々しくてビックリなさりましたかぁ?私の家具作りと一緒で、“試行錯誤”先生と
“本”先生に従事して、独断と偏見と思い込みだけで、ホムページを作ったら、あんなに
なっちゃいました。

お客様を、ハナとマル、新しい家族いちごと共に、喜んでお迎えします。

手作り家具工房には創作家具作家、木工作家をめざす総無垢創作家具や手作り木工
大好きな、私が貧乏故のボランティアスタッフがいますが、

活きた無垢板の木味が好きなだけで、決して創作家具作家、木工家、木工職人でなく
アンティークとして残る家具を、作品じゃなく実用家具として作る、自称、木の料理人
(あくまで自称です。)の私の自己紹介と、我が愛するボランティアスタッフ(スマン!)
の皆さんを、紹介いたします。
手作り家具工房クラフトハウス樹良久がお世話になった人々! 手作り創作家具屋の創業者 創作家具屋の女性木工作家予備軍たち 創作家具屋のボランティアスタッフ! 新しいボランティアスタッフMさん 新しい家族、マルコ
我が家族チョコ/手作り家具工房 最新のボランティアスタッフ
↑創作作家・木工作家に憧れる我が愛するボランティアスタッフたちを紹介します。↑

アンティークとして残るもの目指す木工屋プロフィール

1950年

広島にて不器用だがプロの木工塗装職人山口末松と無垢創作家具屋三上ミサ子
次男として生まれる。体は小柄だが負けず!で利発?で可愛らしい子供だったらしい?

1975年

中央大学法学部政治学科卒業。人より勉強好きだったのを詫びつつ家の創作家具屋
を手伝い始める。大学卒業の年を計算して下さい?父さん母さんすみませんでした。

それ以後

自分達が扱っているツルツルピカピカのプラスチィック状の無垢家具に、疑問?を持ち
つつ無垢の意味も知らずプロ(その道で飯を喰ってる人は腕の良し悪しは別にして
み〜んなプロ)
意識をもつだけで、ただ無為に時を過ごす。本当に無為だったヨ〜!

1980年頃

この頃株式会社みかみ家具工芸設立。やっと木味ある無垢家具を作るため伝統工芸の
木組み、木の呼吸を生かす塗装の勉強を始め創作家具屋の隅に注文製作工房開設。

傲慢、不遜、無謀にも手探りで、人に出来るんならワシにも出来ないはずはない?っと
ウレタン、ラッカー塗装、オイルフィニッシュ、草木染め等、片っぱしから試し始める。

1985年頃

やっと無垢板がもつ木味と生命力に気づき独学で“本先生、試行錯誤先生”に従事し
プロ意識のみの安易な考えで木工基礎修行もせず、我流で総無垢家具を作り始める。

もちろん木が伸び縮みすることも知らず木の伸縮に対する技術もなく数多く失敗をする。
初期の頃のお客様、この場をかりてお詫びいたします。本当にすみませんでした!

現在

刺身でもないのに木の家具は“活き造りにせにゃイカン!”と訳分からんこと考えつつ

呼吸する総無垢家具は、見た目やデザイン・価格じゃなくって!“つくり”“木味”
じゃないかと思いつつ・・・

チャントした家具は、近頃の家より長くアンティークとして残るんじゃ〜!と思いつつ

手作り家具屋の不器用ポンコツじゃなっかったアンティークオジンは木工作家・職人に
憧れる手作り、総無垢、大好きさんのボランティアスタッフに、チョット違和感を感じつつ

“※飯を食べたら飯の味、パンを食べたらパンの味、肉は肉味、野菜は野菜味、
人は人味(人間味とはチョト違う?)、木は木味!素材の味を大切に!”
な〜んて
訳の分からんことを呟きつつ、ヨレヨレと、思い込み激しく、総無垢家具を作ってます。

ワシャ〜ただの木工屋じゃちゅうに!というものの、現在今だに勉強中?今でも木が
木工が、創作の意味が分からん?

分るのはただ無垢材を使った家具は、アンティークとして子孫代々・・、残さにゃイカン
という思いだけ、呼吸する無垢板相手?生き物相手?の木の仕事は難しい〜!
誰かっ、誰か、教えてくれ〜! じゃなかった! 教えてください。

2011年10月現在

不器用な手作り家具屋の生涯の仕事場(妥協の無い仕事がしたいヨ〜)と良き死に
場所を作るため、現在手作り家具工房・移転?改造計画進行中!乞う御期待!

下は、2013年4月23日現在の手作り家具工房クラフトハウス樹良久の最新地図です。
分かりにくい方は地図をクリックしていただくとグーグルの詳細地図、ストリートビューに
ジャンプして実店舗の外観・近隣風景も御覧になれます。(外観は改装前のもの)

なお近年、工房前の国道54号線が183号線になり、広島のスーパー家電量販店
デオデオが社名変更してエディオンになりましたので、ご注意ください。

その下は、昼と夜の工房外観写真と、駐車場から見た玄関(右側)、工房入口(左側)、
2Fがショールームになっています。

玄関ホール?エントランス?に掛けられた、それぞれの椅子と木の小物達たち。↓

昼の手作り家具工房/前面
夜の手作り家具工房/前面
手作り家具工房/玄関
壁にかかったそれぞれの椅子/手作り家具工房

雑然とした手作り家具工房内部です。天井には訳の分からん?治具が多数ぶら下がり
壁にはいろんな長さのポニークランプ、棚には木工用ボンド(タイトボンドU、V、酢ビ系
白ボンドetc.)、オイルフィニッシュ用オイル、電動工具が本当に雑然と置かれてます。↓

なお、自然乾燥が終わった2M上(カミ)の板材、約3M×1Mのテーブル用一枚板も
工房内に置いてありますので、手作り家具ファンの人は自由に御覧ください。

※なお、工房内は雑音がひどいので、作業中は固定電話の音が聞こえにくく、
電話に出られないことが多々あります。お問い合わせのお客様は下記携帯電話に
遠慮なくおかけください。

携帯電話番号 090−1683−5259

雑然とした手作り家具工房内部

〒731−0135 広島市安佐南区長束1−32−52
手作り家具工房クラフトハウス樹良久(じゅらく)
株式会社 みかみ家具工芸

あくまで自称・木の料理人  三上 健一
TEL.(082)238-3890    FAX.(082)238-3899
刺身でもないのに活き造り?1/5へ

新作紹介

1 10 11 12 13 14 15 16 17 18
過去作品集 10 11 12 13 14 15