手作り家具工房トップで〜す
工房サイトマップ
オーダー家具屋の自己紹介で〜す
刺身でもないのに活き造りで〜す?
手作り家具って手作りなの?で〜す
納品に行って来ましたの報告で〜す
手作り家具納品報告2
手作り家具納品報告3
新作の紹介で〜す
過去作品集で〜す
不器用な木工屋の四方山話で〜す
家具の注文方法で〜す
こんな雑然とした家具工房で〜す
手作り無垢家具の制作方法で〜す
現在製作中の家具で〜す
活き造り?家具の手入れ方法で〜す
工房への地図で〜す
イベント情報で〜す
家具作家さんたちで〜す
次へいきま〜す
人々に感謝!
工房移転?改造計画
アンティーク・骨董考
カントリー家具考
手作り家具の木の種類
無垢板とは?
木工作家になるには?
家具木工自然リンク集
インテリア・DIYリンク集
助け合い相互リンク集
手作り検索リンク集
総合検索・リンク集
通販ショップ・リンク集
広島で焼肉喰うなら
広島・花の寄せ植え
広島・大人の隠れ家

自然塗料胡桃油(くるみ油)・柿渋/手作り家具工房

自然塗料胡桃油(くるみ油)
柿渋とオイルフィニッシュ
5/5
関連項目

1、手作り家具って手作りなの?無垢家具って無垢なの?
2、自然塗料って本当に自然塗料なの?
3、手作り家具無垢天板に使う一枚板の木幅?
4、オイルフィニッシュ・呼吸する総無垢手作り家具の手入れ方法
5、自然塗料胡桃(くるみ)油、自然塗料柿渋


※自然塗料胡桃(くるみ)油と柿渋

オイルフィニッシュ仕上げ、柿渋仕上げの無垢家具の具体的手入れ方法を画像を
入れ、より分かり易く説明します。

手作り家具工房では自然塗料柿渋は、防虫、撥水効果よりも単純に色出しの為に
使っています。柿渋だけで仕上げますと、木肌がザラザラに鮫肌状になりますので
木肌に潤いを与えるため、仕上げに胡桃(くるみ)油を擦りこんでいます。

自然塗料胡桃油で無垢家具の手入れ!
殻付き胡桃(くるみ)

まず殻付胡桃(くるみ)を手に入れましょう。
近頃殻付胡桃はデパートやスーパーでも
手に入りにくいので、料理用真空パックの
胡桃を代用するしかないかも知れません。

効率回転率、そんなことばかり言ってちゃ
いけません食材店さん、せちがらい世の中
になったものです。オイルフィニッシュ家具
の手入れは殻付胡桃が一番なのです!
木綿布で胡桃を包む

胡桃の殻を割って実を取り出し木綿布で
包んでください。胡桃の実を包んだら布を
丸めて金槌か木槌で胡桃油が布から滲み
出るまで叩き潰しましょう。ビール片手に
余った胡桃を食べながら楽しい作業です。

胡桃は栄養価が高いらしいので食べ過ぎ
注意!面倒でも、市販レモンオイルや木工
オイルより安心です。なんせ、自然の胡桃
なのですから。胡桃の実も美味しいし〜!
胡桃(くるみ)の実を木槌で潰す

胡桃油が布から滲み出てきたら、後は布を
タンポン状に丸め木肌に擦りこむだけです。
胡桃油(くるみ油)での手入れ方法は、濡れ
雑巾で拭かれるオイルフィニッシュ仕上げ
のテーブルには、とても有効なのです。

おからの方が布で包むだけで簡単ですが
好みに応じて両方を使い分け、併用しても
よいでしょう。おから、胡桃油とも手入れ後
柔らかい布で乾拭きするようにしましょう。
滲み出る自然塗料胡桃油

100%ピュア瓶入り胡桃油(くるみ油)は
前ページで高級食材店で売ってます。と
書きましたが、これも今、オリーブオイルに
押され手に入りにくくなってるようです?

なお、オリーブオイルは非乾性油なので
とても乾きにくくオイルフィニッシュ仕上げ
には向かないと思いますが?

冒険心ある木工屋さんは、お試しください。

自然塗料胡桃(くるみ)油/手作り総無垢家具の手入れ

100%ピュアNoixウォールナットオイル、
外国ではもっぱら料理に使うらしいが?

でも私は料理もできないどころか、林檎の
皮も剥けない不器用な木工屋!

もっぱら木味を出すために、総無垢家具の
オイルフィニッシュ仕上げに使っています。

胡桃油を使う時は、必ず鍋で適当に温め
胡桃油の粘度を下げてから擦りこむように。

余談ですが胡桃油は高級料亭で天婦羅を
揚げるのに使われるらしい?私は貧乏で
料亭に行った事がないのであくまでらしい?


※自然塗料柿渋

自然塗料柿渋 1998年ものの柿渋、このくらい古くなると
ほどよく醸成され、臭いもさほど?でもなく
色の出方も早いが、新しい柿渋は鼻がヒン
曲がるほど臭く、色の出方もかなり遅い。

柿渋のタンニン成分は鉄を腐食させるので
ポリタンクで保管し、作業にはポリ洗面器を
使用しましょう。尚洗面器のドクロマークは
危険の意味でなく単なる飾りです。柿渋は
自然塗料なので人畜に害はありませんが、
強いてドクロの意味付けをすると“危険”
はなく“くさいっ!臭いに注意!”です。
柿渋の手入れに関しては暫しお待ち下さい。


※自然塗料柿渋とオイルフィニッシュ

柿渋を塗ったばかりの無垢天板 柿渋を塗った天板、手作り家具工房の柿渋
は’98年物柿渋でこれくらい寝かしておくと
若い柿渋ほど臭くはないが、やはり臭いのは
臭い。柿渋を塗りっぱなしにすると刷毛跡が
残るのでオイルフィニッシュ仕上げのように
必ず布で拭き取りましょう。2〜3ヶ月すると
下の写真のように赤味がかった色が出てき
ますが、木の繊維の毛羽立ちと柿渋の皮膜
で板が鮫肌状になるので、無垢板に潤いを
与えるため柿渋の上から胡桃油を刷り込み
ます。手作り家具工房では昔からこの方法を
とってますが、我流なので正解かどうか分かり
ません。色の出方や木味、雰囲気は木材に
よってかなり違うので、いろんな板で試し塗り
してみましょう。私見ですが、タモはかなりイイ
感じで仕上がります。楢は木目が緻密すぎる
せいか柿渋の赤がかなりエグく出るようです。
柿渋の赤味が出てきました
関連項目   木工用接着剤・タイトボンドについて

今流行りの、ブログってやつ、始めました。
始めたばかりですが、見てやってください。

タイトルは居直って 手作り家具屋の貧乏な日々!

新作紹介

1 10 11 12 13 14 15 16 17 18
過去作品集 10 11 12 13 14 15