手作り家具工房トップで〜す
工房サイトマップ
オーダー家具屋の自己紹介で〜す
刺身でもないのに活き造りで〜す?
手作り家具って手作りなの?で〜す
納品に行って来ましたの報告で〜す
手作り家具納品報告2
手作り家具納品報告3
新作の紹介で〜す
過去作品集で〜す
不器用な木工屋の四方山話で〜す
家具の注文方法で〜す
こんな雑然とした家具工房で〜す
手作り無垢家具の制作方法で〜す
現在製作中の家具で〜す
活き造り?家具の手入れ方法で〜す
工房への地図で〜す
イベント情報で〜す
家具作家さんたちで〜す
次へいきま〜す
人々に感謝!
工房移転?改造計画
アンティーク・骨董考
カントリー家具考
手作り家具の木の種類
無垢板とは?
木工作家になるには?
家具木工自然リンク集
インテリア・DIYリンク集
助け合い相互リンク集
手作り検索リンク集
総合検索・リンク集
通販ショップ・リンク集
広島で焼肉喰うなら
広島・花の寄せ植え
広島・大人の隠れ家

オイルフィニッシュ・呼吸する総無垢手作り家具の手入れ方法

木味あるオイルフィニッシュ仕上げ
呼吸するテーブルの手入れ方法
4/5
関連項目

1、手作り家具って手作りなの?無垢家具って無垢なの?
2、自然塗料って本当に自然塗料なの?
3、手作り家具無垢天板に使う一枚板の木幅?
4、オイルフィニッシュ・呼吸する総無垢手作り家具の手入れ方法
5、自然塗料胡桃(くるみ)油、自然塗料柿渋


※オイルフィニッシュ仕上げ・呼吸する総無垢家具の特徴と手入れ方法

手作り木工屋からのお願い!

化学塗料でツルピカにした工業製品と違って手作り家具工房の活き造り家具は
思う存分呼吸
しています。

オイルフィニッシュ仕上げの家具は浸みや色むらが出やすいと言われてますが
素直に考えると、呼吸する木は色やけや汚れにより自然に濃くなっていくのであり
無垢板に色をのせるのでなく染み込ませるなら吸い込みムラも当然で木が活きて
水を吸ったり吐いたりする以上、輪浸みがつくのも当り前なのです。

これは決して欠点でなく、むしろ年月と自然がだす木理、色やけ、色むら,傷,
輪浸みを大切にをだし、木のもつ欠点?というものを積極的に楽しんでいくのも
オイルフィニッシュ仕上げの無垢家具を作る工房にとって、勇気ある方法というか
無謀というか・・・?私が知る限り・・・?木味を出す唯一の方法なのです。

私も普通の家具屋だった頃?、ウレタン塗装やラッカー塗装をしていたのですが
業界で耐候性、耐水性、塗膜強度とも一番強いとされるウレタン塗装でも長年の
うちに必ず、塗装膜が老化、劣化します。塗装膜が老化したり劣化した場合は、
塗装膜を剥がし、再度ウレタンをコンプレッサーで吹付けるのですが費用、労力
共にこれが結構大変なのです。

ものは使えば必ず傷みます、何とか傷や古さを木味に変えられないか?という
試行錯誤のうえの出した結論が、オイルフィニッシュ仕上げという訳です。
そしてこれは、木の持つ短所?を消そうとして、木の持つ長所まで消し去った
家具・木工業界人としての大いなる反省でもあります・・・。

オイルフィニッシュ仕上げの家具の手入れは、市販のオイルやワックスで定期的に
拭き込むとか色々な方法がありますが、お薦めは胡桃(くるみ)油(100%ピュア
な-高級食材店にあります-を鍋で適当に温め布で擦り込み拭き取る)かオカラ
よる手入れです。

オカラを包んだ布で拭き込むと大豆油と大豆蛋白の補給になるのか効果的です。
この手入れをしている家具は、しっとりした透明感がでて、特に毎日濡れ布巾で
拭かれるテーブルのお手入れにお薦めです。ヌカよりオカラ。おばあちゃんの
知恵
ですが、試してビックリ!本当に昔の人は偉いですね〜。

もう一つは胡桃(くるみ)を買ってきて、殻を割り実を出します。木綿の布に
実を包み、胡桃油が滲むまで金槌で叩き潰し、木肌に擦りこむ方法
です。
どのらの方法も摺り込み後、乾いた柔らかい布で空拭きするようにして下さい。

しかし手入れなどせず無頓着に使い込み、汚れ,傷と共に何十年もすれば
無垢板の木味がでるのも、オイルフィニッシュ仕上げの特徴でもあります。

オイルフィニッシュ仕上げは突板には不向きです。突板は合板に薄い木をスライス
して貼り付けるので、浸み込みません。手作り家具工房で家具の裏から抽斗の
底まで総無垢板にこだわるのはこの理由です。
多少高価になっても長い年月を
考えればです。くどいですが目先の価格、デザインだけに惑わされないように!

下の写真を見てください。左は生地総無垢手作りチェスト。右はオイルフィニッシュ
仕上のチェスト。右は裏側。木目がクッキリ浮き出ます。もちろん抽斗の中も同色の
オイルを擦り込むので、外も中も裏も、同じように綺麗です。下の飾り台は、かなり
濃いめのオイルフィニッシュ仕上げで、木目の出方で、雰囲気が全然違います。

関連項目   木工用接着剤・タイトボンドについて

オイルフィニッシュで仕上げた総無垢チェスト オイルフィニッシュした手作り総無垢チェストの裏側
生地の総無垢飾り台 オイルフィニッシュ仕上げの総無垢飾り台
※扉の丁番への油さし

木部の手入れは水気をよく絞った布で優しく拭くだけで充分ですが、扉の丁番等
の動く金具部分
は長年のうち、必ず無理が重なり-金属疲労-が進みます。時々
ミシン油等をさすようにして下さい。丁番の油さしは常識だと思っていたのですが
どうも私が非常識だったようで、親、兄弟に聞いても、知らなかったといいます。
また抽斗の金具、テーブルの楔も定期的に締め直すように。全国の家具屋さん!
このような大事なことは、お客様にチャント説明する“説明責任”があるんですヨ!

ものは使えば傷みます。自動車や電気製品のように定期的に買い換えるものでも
日々の手入れは肝心です。家具はナガ〜イ家族です。よろしくお手入れの程。

※手作り家具工房からのお願い!

刺身でもないのに木は活き造りにせにゃイカン!と訳の分からん事言ってみても
活き造り家具は常に全体が呼吸しているので、木の持つ吸湿作用が損なわれず
部屋の結露など起き難くなります、それだけどうしても家具全体に無理がきます。
人と木の健康の為なるべくまめに換気するようにしましょう。総無垢家具にとって
よい環境は人にとってもよい環境です。(温度15度〜25度、湿度50%〜70%)

またテーブル等で、夜中にビッシッと音がしても驚かないで下さい。吸付き桟の
上を天板が動いた音です。輪浸み、傷も、年月と共に木に馴染んできますので、
木の表情の変化を楽しみながら気楽に気長に大らかにお付き合い下さい。

今流行りの、ブログってやつ、始めました。
始めたばかりですが、見てやってください。

タイトルは居直って 手作り家具屋の貧乏な日々!

新作紹介

1 10 11 12 13 14 15 16 17 18
過去作品集 10 11 12 13 14 15